まったく役に立たない!燃費が悪い乗り物特集!

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

最近は自動車の燃費競争が激化しリッター33、34キロの数字も珍しくなくなりました。

しかし、実燃費とは大分かけ離れていますね。

自分の家の車も新車から3年以上経ち燃費が常に2キロほど落ちています。

運転には気を使っても伸びる気配はありません。

以前から燃費を上げるために気をつけていることをいくつか上げると

 

1、燃料を満タンにしない(車の重さを減らすため)

2、スピードにのったら惰性で走る

3、急発進しない

4、加速時・上り坂時にエアコンを切る

5、ナビの画面表示をオフにする

 

があります。

どれも効果はないので、エンジンフラッシングしかないのでしょうか…

オイル交換や水抜き剤は一時的には良くなりますが3日ともちませんね。

単純に燃費を求めるならハイブリッドにすればいいのですが、

あいにく購入時はハイブリッドタイプがなかったので仕方ありません。

 

ちなみに知り合いの日産ローレルは4?5キロしか走らないらしく、

『ガソリンをばらまいて走っているようなもの。』と嘆いていたのを思い出します。

 

いずれ化石燃料の枯渇で燃費の話題も過去のこととなる日が来たら運転がつまらなく なるとは思いますが。

 

ここからは燃費が悪い?乗り物特集です。(細かい条件は抜きにします)

 

・バス … 約2?3キロ

・ボーイング747… 約60メートル

・戦車 … 約200?250メートル

・零戦 … 約4.2キロ

・戦艦大和 … 約2メートル

 

これを見る限り、燃費といえば一般自動車というイメージもどこへやらですね。

最後に、スマイルレンタカーでは新型車を導入し燃費は向上傾向にあります。

ぜひぜひお問い合わせをお待ちしております。

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!