ディズニーシーでお酒を片手に食べ歩き

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

 総務のYOです。

先週、ちょっと遅めの夏休みをいただいて東京ディズニーシーに行ってきました!

シーは、オープンして一年後くらいに一度行ったきりだったので

とても新鮮で、楽しめました!

 

年間パスポートを所有している、ディズニーマスターの友人と

まったりお酒を飲みながら楽しもう!というコンセプトのもと、

ひたすら食べたり飲んだりしていました。

 

入園してまず最初に「トイストーリーマニア」のファストパスの列に並んだのですが

すでに大行列で、取れたチケットが18時半から・・・

ちなみにチケットを取った時刻は朝の9時前です。

18時半まで何をして過ごそう・・・と思ったのですが、

そこは達人、ディズニーを楽しむ術を心得ていました。

 

骨付きソーセージ

まずは骨付きソーセージとビールッ!!!

朝から、しかも外で飲むビールは最高です。

港のようになっているところで食べたのですが、風も気持ちよく、最高でした。

 

 

うきわまん

 

一杯ひっかけたところで次は浮き輪まん!!!

エビが入っていてぷりぷりでとてもおいしかったです。

 

スモークターキーレッグ

 

私の一番のおススメはこちら、スモークターキーレッグです!

骨付きなのですが、とっても食べごたえがあってジューシーで美味です。

一緒に売っていた餃子もおいしかったです。

 

他にもいろいろ食べたり飲んだりしましたが、食べるのに夢中で写真がありませんでした。

 

でも、食べているだけではありません。

この間に、ジャングル的なショーや、ストームライダー、シンドバット的なのも見ています!

が、写真は撮れないので割愛!

IMG_3288

こちらの景色がとてもきれいで、本当に別の国に行ったような錯覚に陥りました。

 

 

ちなみに、ビックバンドビートという劇場でやっているショーがとってもおすすめです!

本格的なジャズの演奏が聴けて、しかもディズニーキャラクターも出てきますよ!

ミッキーのドラム演奏は必見です!

 

そうこうしているうちに、ついにトイストーリーマニアの時間がやってきました!

 

トイストーリーマニア

 

すでに暗くなっていたのですが、入口からすでにおもちゃの世界のようで大興奮!

 

右下にちょろっとウッディが写りこんでいますが、昼間はこんな感じです。

 

トイストーリーマニアの入口

ウッディの口が入口になっています。夜のほうが幻想的でおすすめです。

 

 

トイストーリーマニアの内部

 

入口を入ってすぐの場所はこんな感じ!

おもちゃが大きくなっていて、自分がウッディたちのサイズになったような感覚になります。

9時間まったのに、遊んだのは10分程度・・・でしたが、子供に戻って楽しめました!!

 

 

ちなみに、自分へのお土産はこちら。

ポテトヘッド

ポテトヘッドのポップコーンケースです。

買うかどうか、帰る直前まで悩んだのですが、買ってしまいました。

部屋のトイストーリーコーナーにおいているのですが・・・でかいです。

 

 

ほぼ丸一日外にいたため、日焼けをしてしまいましたが、とっても楽しい一日でした!

私はあまり人ごみが好きではない上に、電車で乗り物酔いをするレベルで三半規管が弱く、

絶叫マシーンなども乗ることができないため、ディズニーには数回しか行ったことがなかったのですが

大人になって、乗り物などに乗らずのんびり過ごすことが苦ではなく、

またある程度金銭的な余裕があるとこんなにも楽しいものかと思いました笑のんびり過ごすには、お酒が飲めるシーがおすすめです!みなさんも一度、気が向いたら乗り物に乗る!くらいのゆるーい気持ちでいってみてはいかがでしょうか?

 

この記事は私が書きました

yo

Y.O

総務部

???????? ??? ??????? ???? ??????? ?? ???? ??????. ?????? ?? ???????? ???? ?? ???? ?? ??????. ??? ??????? ???????? ???????? ?????? ??????. ??? ?? ?????? ????? ??? ?? ???? ????????? ?? ?????? ??? ????? ????? ????? ??? ?????? ???? ?????.
Y.Oの記事一覧はこちら

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!