【世界にたったひとつだけ】倉敷ガラスをご紹介します

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

盆栽が好きだったりと地味な性格をしているレンタカー担当YNです。

そんな僕が岡山でなによりも大好きなのが、倉敷ガラスと呼ばれる吹きガラスなんです。

知名度でいえば琉球ガラスや江戸切子の方が、ずっとメジャーなような気がしますが倉敷ガラスも良いんですよ。

 

簡単に倉敷ガラスの説明をしますね。

小谷真三さんという職人さんが作り始めた吹きガラスが倉敷ガラスという名称で有名になりました。

そしていつの間にか多くの職人さん達が出てきた、こんなところでしょうか。

 

僕は岡山に行くと、必ず融民芸店という美観地区にある民芸店に立ち寄ります。

今回はこのコップを購入しましたよ。

おそらくこれは小谷真三さんではなくて、息子さんの栄次さんのものではなかろうかと思います。

(違っていたらごめんなさい)

小谷さんの作品は最高すよ!!

 

 

ひとつひとつ手作りで作られるガラスは厚みがあり、どっしりとした持ち心地なのに温かみがあって好きなんです。

どうですか?機械で作られたガラスコップではこの雰囲気を出せないと思いませんか?

 

こちらの倉敷ガラスは、叔母さんの家の玄関に飾ってあったものを頂戴いたしました(笑)

飾って眺めるよりも、ガシガシ使いたい派なんですが、これは使い道が…家でお酒飲まないしな…。

このぐい飲みの使い道、絶賛募集中です(笑)

光源が良い感じでしょう

 

 

吹きガラスが好き過ぎて遂に吹きガラス体験をしてきたわけです!

水島コンビナートからほど近い場所にある吹きガラス工房 Glass Ten Studioさんに行ってきました。

工房も田んぼに囲まれてる

 

 

最初に目標とするイメージ画を描くんですが、自分の絵心の無さにビックリ。

それでも先生がマンツーマンで教えてくれるのでなんとかなります(難しい作業は先生がやってくれます)

自分の手元がぎこちなくて笑えてきます(髪色等が夏休み仕様になっているのはご容赦ください)

赤髪は夏休みだけなのでご安心ください

 

 

形が出来上がったら一晩かけて、ゆっくりと冷まして完成します(急激に冷やすと割れるらしいです)

使い勝手が悪そうな形ですが、なかなかよろしいかと自負しております(笑)

面白いDE賞をいただきました

 

?こちらの工房さん、当日予約だったにも関わらず、親切丁寧に応対していただけて、すっごく良かったです。

今までにない体験ができて満足満足!ありがとうございました。

 

岡山に行かれることがあれば、ぜひ一度!倉敷ガラスに触れてみてくださいね(備前焼も忘れずに!)

 

関連記事

?【長距離ドライブ】東京から10時間、岡山県を写真で見る

?30年かけてみつけた最強のかき氷をご紹介

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!