【画像たっぷり】下町で小粋に遊ぶ(屋形船でげすな)

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

マンスリーレンタカー担当のYNです。

前回に引き続き、東京の下町をご紹介でげすな。

隅田川を屋形船で楽しんでしまいましょう!

 

屋形船の前に、まずはみんな大好き(?)都営大江戸線に乗って築地市場駅まで移動します。

築地市場駅、はじめてきたよ。

 

築地は車や自転車で近くを通ったことは何度かあるのですが、今回初めて歩いてみました。

日曜日だったのでお店もほとんどしまっていて、築地らしい光景はまったく見れず!

(知人の築地マニアが言うには「平日の早朝に行くと美味い寿司が食べられる」とのことです)

閑散としてて活気がない日曜日

 

辛うじてみつけた築地らしい風景は、こちらの魚屋さん。

「おねーちゃん、おねーちゃん、これ買ってってよ!」と元気なお兄さん方が出迎えてくれます。

魚なんもねっ

 

ちょっと路地に入ると、本当にここは2013年なのかと考えてしまうほど、現代感がありません。

近くの大通りが綺麗に整っているだけに、ちょっとびっくりしました。

奥に写るマンションとの差が激しいです

人懐っこい猫ちゃん、可愛かったです

 

みなさんは築地本願寺に行ったことありますか?

僕は今回初めて行ったんですが、地図でみると近くなのに寺らしき物がなくて、ないない騒いでいたら近くのおじちゃんが「アレがそうだよ」と教えてくれて…これが本当に寺なのか???

寺に見えない築地本願寺

 

寺っぽさがまったく感じられない築地本願寺ですが、中に入ると寺の匂いが漂っていましたよ。

ただ、お寺というよりかは、クラシックな洋館のような作りでコレはコレで素敵でした。

この光の加減が良くないですか?

 

さあ、ここから屋形船です!

タクシーに乗って勝どきにある小型船乗船場に移動しました。

いなせなニーチャンカッコイイ!

 

今回は屋形船の晴海屋さんのお世話になります。

18時に勝どきを出て、お台場?スカイツリーまで、2時間半の船遊び。

乗船すると席に食事が用意されていて、音速の速さでビールが配られます。

飲み放題のビールを飲みつつ、前菜的なアレコレをつまんでいると、ちゃきちゃき江戸っ子風なおねーさんが注意事項を案内してくれます。

この注意事項が予想外のガイダンスでお客さん達は爆笑!

このわかめっぽいのは、わかめじゃない!

 

おねーさんの気の利いた一言一言に笑いが絶えないままお台場へ到着。

日が沈み始めて夏の夕暮れを演出、夏空好きの僕にはたまらない時間です。

おねーさんいわく晴海屋さんの中でも、今回乗った船はファーストクラスらしく乗り心地最高です。

屋上デッキがとにかく気持ちいい!

屋上デッキからの眺めは最高!

こんな角度でレインボーブリッジが見れるのは屋形船の醍醐味!

 

しばらくお台場に停船した後は、隅田川を上ってスカイツリーを目指します。

船内では、その日に獲った新鮮な食材を使った天ぷらが出てきます。

さきほどの前菜含め、料理が本当に美味しかったんですよ。

 

スカイツリーの目の前で停船して、しばらくスカイツリーを独占できます(笑)

時間も考慮されていて、ライトアップされる瞬間(19:15)をみることもできますよ。

お月さんとのツーショット

浅草の景色が本当に好きなんですよ、僕。

 

こんな感じで2時間半はあっとう間に過ぎていきます。

予約時に「お祝いですか?」と聞かれ「そうです」とだけ伝えていたのですが、おねーさんの音頭でハッピーバースデーを歌ってくれました(プレゼント付きで)

これはまったく予想していなかっただけに、すごく嬉しかったです。

最後には一人ひとりに片膝をついて挨拶まわりをして、本当に素晴らしい接客だな?と感心した次第です。

やっぱ浅草、最高でげすな!!

 

スカイツリー前で停船中はほとんどのお客さんがデッキで過ごしてました(笑)

屋形船の中はこんな感じ

 

 

船内からでもこの景色!

船内からの風景はこんなだった

 

 

晴海屋さんの船にはピンク色の提灯が付いているそうですよ。

晴海屋さんの提灯はピンク色ですよ。

 

 

おねーさんと写真撮ってもらった(笑)

僕はおねーさんに惚れた!

今まで三回ほど屋形船に乗ったことがあるんですが、こんなに素敵なおねーさんは初でした。

また屋形船に乗る時は、絶対に晴海屋さんが良いなと思った船遊びでしたよ。

 

スマイルレンタカーもお客様から「絶対!あそこのレンタカーが良い!」と思っていただけるようにがんばります!

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!