良いタイヤ、悪いタイヤ

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

ようやく秋から冬に差し掛かる時期。

スタッドレスタイヤの需要が高まるときですね。

弊社のレンタカーをご予約の際は、スタッドレスタイヤの オプションもありますので、お気軽にお問い合わせください。

 

今回のブログではダメなタイヤの見極めをやろうかと思います。

 

まずはいいタイヤの3原則

1,溝がちゃんとある

2,経年劣化していない

3,空気漏れしていない

 

この3つがちゃんとしていれば、車は元気に路面を蹴ることができます。

 

これがダメなタイヤの見本です。

タイヤ タイヤ

溝はあるが、経年劣化が激しい、といったタイヤです。

素晴らしいひび割れ状態ですね。

こんな状態で走っていると、いつバーストしてもおかしくないです。

ちなみに弊社では、車両管理スタッフが 随時車のコンディションをチェックしお客様の安心に繋がるようにしています。

車のことで気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!