これも便利!成田空港から使えるLCC一覧

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

マンスリーレンタカーが39,800円

 

少し前から話題のLCC(ローコストキャリア)ですが、時が立つにつれて様々変化し運航する航空会社も路線数も徐々に増えてきています。
今回はわれわれスマイルレンタカーもある成田空港からのLCCの情報を少しまとめてみました。

 

飛行機

 

 

国内線

ジェットスタージャパン

【国内就航都市】

・北海道(札幌)
・大阪
・高松
・松山
・福岡
・大分
・鹿児島
・沖縄

 

バニラエア

【国内線就航都市】

・北海道(札幌)
・沖縄
・奄美大島(7月1日就航予定)

 

【国際線就航都市】

・ソウル
・台北

 

peach

・大阪
乗り継ぎにて
(松山・福岡・長崎・鹿児島・那覇・石垣)
(ソウル・プサン・台北・香港・高雄)

 

国際線 海外航空会社

セブパシフィック

・マニラ

 

イースター航空

・ソウル

 

エアプサン

・ソウル

 

チェジュ航空

・ソウル

 

スクート

・台北
(シンガポール)

 

アジアアトランティック

・バンコク

 

ジェットスター

・マニラ
・ケアンズ
・ゴールドコースト

 

各航空会社とも便数や運航曜日、時刻はシーズン等で異なりますので各社ホームページでチェックして下さい。

 

 

エアアジアの機体

air asiaの機体です。
画像は日本の空港ではありませんが、日本でもLCCはタラップを利用するタイプが多いようです。

 

 

LCCのメリット・デメリット

【デメリット】

・便の変更は基本的に不可
? 変更は不可か手数料が高い

・預け入れ手荷物は別料金
? 当日のオーダーは更に割増の場合も

・座席指定は有料

・フライトキャンセルが多い

・座席幅が狭い

・チェックインの終了時間が早い

・融通がきかない

 

 

Air asiaボーディングパス

Air asiaボーディングパスです。
ペラペラのレシートみたいな紙です。

 

 

【メリット】

・料金がとにかく安い
 不定期の期間限定セールがあり破格で航空券をゲットできることも

・航空券が片道ごと安く購入が出来る

・予約の開始時期が早い

・機体が比較的新しいケースが多い

 

デメリットの方が多くなってしまいましたが、なんといっても安いのがLCCの素敵なところです。
世界では今まで飛行機に乗ったことのなかった人々が利用できるようになったので、爆発的に利用者が増えているようですね。
日本の若者もLCCを使ってもっと旅をすると、日本も少しは変化が出るのではないでしょうか?

 

せっかくの安いLCCを利用するなら、成田までの移動もとにかく安く行きたいとう方にはLCC用バスがあります。

東京?成田空港 片道900円?

・東京シャトル
・THE成田アクセス

 

 

今年の6月には中国の春秋航空ジャパンが広島・高松・佐賀の3都市に就航の予定をしており、格安旅行の選択肢がさらに増えそうです。
また、成田空港には2015年3月までにLCC専用ターミナルを完成させる予定で建設が進められています。
LCC路線が続々と国内各都市へ増え、国際線もますます充実し旅行しやすくなり利用者にとってはうれしいですね。

 

成田空港からの4日以上のレンタカーをお探しなら断然安いスマイルレンタカーです。

 

 

この記事は私が書きました

tk

T.K

レンタカー事業部

私がスマイルレンタカーの首領です。旅行が好きで今までいろいろな国へ旅をしてきました。やっぱりアジアは最高ですね!レンタカーでも旅行でも、お悩みがあればなんでもご相談ください!
T.Kの記事一覧はこちら

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!