信州善光寺のご紹介

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

先日の大みそかの夕方、一年の締めくくりに実家の近所の善光寺を散歩しました。

 

善光寺本堂

 

ここ善光寺は長野県(北部)の人々にとって、最もメジャーな初詣スポットです。12月31日深夜には大勢の人々が参拝に訪れますが、私が訪れたのはその数時間前だったので、とても人影も少なく本堂前の仲見世もほとんどシャッターが閉まって寂しい様子でした。

 

山門

 

善光寺の本堂は国宝にも指定されていて、多くの観光客も訪れるところです。本堂の床下にある真っ暗な通路を壁伝いに歩き、極楽浄土への錠前に触れるという「戒壇巡り」と呼ばれる体験が出来ます。

 

仲見世

 

仲見世には長野の名物「そば」や「おやき」などのお店や、土産物店が並び、ぶらり歩きも楽しいです。

「遠くとも一度は詣れ善光寺」という昔から言われている言葉があります。是非皆さんも機会があれば訪れてみて下さい。

因みにお正月やゴールデンウィーク等の連休の際は駐車場が混雑し、周辺道路もとても渋滞しますので、ご希望の方には裏ワザをお教えします。

 

最後の夕日

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!