《早く仕事に慣れる5つの方法》

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0
早く仕事になれる5つの方法

一時帰国者リピート率80%

こんにちは!マンスリーレンタカー事業部しょうさんです。

ひょんなことから2月よりWeb担当者になりました。
今まではほぼグラフィック担当ということで、主に紙媒体をメインで製作していましたが、 現在は広告全てとWebの全てを担当していきますのでよろしくお願いします。

 

でも今までWebなんてバナーの作成やワードプレスでブログを更新するといった簡単なことしかやったこともなく、 初心者の僕にいきなりWeb担当なんてできるのか?と思いましたが、Webという未知の世界に早く慣れるために、 行っていることを簡単に紹介してみたいと思います。

 

もくじ

今回僕はWeb担当になりましたが、今年の春入社される新社会人の方や、人事異動などで新しい仕事にチャレンジする方にも もしかしたら僕の考えた《早く仕事に慣れる方法》が役に立つかもしれません。

 

担当する仕事の基礎を勉強する

「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の大きな違いは1にも2にもまず「知識」だと思っています。

どこの職場にも「いつまでたっても人に聞いてばかり」「できません」「やれません」といった人っていますよね? それは「責任転換」だったり「知識不足」>だったりします。
新入社員であれば、わからないことは聞けばいいし、できないことはできないで許されるかと思いますが、担当者はそうはいきませんよね?
まず頼ってもらえるような「知識」を身につけることが最優先だと考えました。

 

Web担当者Forum

http://web-tan.forum.impressrd.jp/

Webマーケッター瞳

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/08/28/6324

Web担当初心者がまず知っておきたいHTMLやCSSに関する基礎知識

http://liginc.co.jp/web/html-css/html/122500

そこでまず、Webに関する情報収集といつでも困った時に読み返せるブログを探しました。
この他にもたくさんあるんですが、特にWebマーケッター瞳はWebに関する知識とマーケティングが学べる漫画なので特にオススメです。 また、株式会社LIGはありとあらゆる情報を発信しているブログを自社サイトで行っており、デザインやマーケティングに関する記事なんかも豊富です。
自分で調べ、自分の知識レベルにあったわかりやすい参考書やWebサイトを探すのがポイントだと思います。

 

担当する仕事の社内現状を把握する

仕事というのは、言われたことをやっていればいいわけではありません。
「現状を把握する」「現状を改善する」「改善の検証をする」「検証を次に活かす」
このサイクルを回すための作業が第一の任務だと思います。まずは「現状を把握する」ことが大事だと思い自社サイトの見直しやアクセス解析・どういった検索ワードで流入しているのかを調べてみました。


スマイルレンタカーのアクセス解析


    • 12月に比べて、TOPページの離脱率が高い
    • スマホでのアクセスが半数近い
    • 料金表に掲載している画像が古い
    • プランの見直し

 

「新しい企画をして実行する」「お金を生み出す」といったことも仕事ですが、現状を把握していないのに新しいアイデアも企画もできるはずがありません。
今回もし僕がいきなり「リニューアルしよう!」と言い出したら料金表は古い画像のままTOPページで離脱されやすいページを作るに違いありません。

新入社員や新人と言われる方は特に新しいことを考えようとせず、まず目の前を見てみてください。あなたにもできることはたくさんありますよ。

 

現状を把握し、まず何ができるかを判断し行動する

まず僕ができると思ったことが「料金表の画像を新しくする」もう取り扱っていない車種の画像を無くしたり、 一つのプランでも数車種取り扱っているプランもあるので、料金表のイメージ画像を1台→2台へ変更しました。


料金表変更後


また、YNさん協力のもと、フッター画像の変更やナビゲーションバーも8個あったものを6個に減らすことで、見やすくするといったことも行いました。

変更前

↑変更前


フッター変更後

↑変更後


これだけですっきりしたのもありますが、どこに電話すればいいか一目瞭然ですね。

 

また、すこし胡散臭くイメージに合っていなかったキャンペーンバナーの差し替えも行い、第一印象がシンプルなページになるように変更しました。

商用車バリュー

まずはできることから。そこから効果が出れば自ずとやる気も信頼も生まれてくるものだと思います。

 

実務をいち早く経験する

早く仕事に慣れるにはまず経験をすること。そして失敗すること。これは誰でも共通することだと思います。
僕がまず行ったことはワードプレスのヴィジュアル機能DreamWeaverのライブ画面を使わず「コードでブログを書く」

htmlカタカタ


正直ググりながらの作業であまり進みませんが、少しずつ慣れていてます笑
また、進んでWebサイトの更新作業を行いいち早く「htmlに慣れる」といったことを集中的に行いました。

 

未経験の仕事や新しい業務をする時って、わからなくて進んでできなかったり、やる気が起きなかったりってことありますよね?
入社当初は電話の取り方もわからないことが多いですが、自分から進んで電話を取るような人はすぐに上手くなってあっという間に先輩を追い抜いてしまう人もいます。

 

だからまず、わからないなりに進んでやってみて「自分のわからない事をなくす」ことを始めました。

 

頼れる存在を探す

仕事で欠かせないのはその仕事が好きかどうかも重要ですが、頼れる存在がいるかも重要だと思います。助けやアドバイスをもらえるかによって行き詰ったりしたときに自分でどうすればいいかも判断がつくようになります。

 

僕はまず、自ら知り合いにも積極的に相談し、相談しやすい環境を作るといったことや、TwitterでグラフィックデザイナーやWebデザイナーを探し、ネット上で気軽に聞ける仲間を作ることにしました。
本当にこれだけでも全く違います。同じような問題に直面したり愚痴があったりとそれだけで面白いものです。

 

まとめ

《早く仕事に慣れる方法》いかがでしたか?

僕なりに考えて行動していることなのでこれがベストではありません。早く仕事に慣れようと自分で考えて行動していくうちにきっとすぐに立派な一人前になっているはずです。

ただ言えることは、自ら進んで行動しないと仕事には慣れませんし、信頼も得られません。簡単なことのようでとても難しいものです。
みなさんも自分なりに見つけてみてはどうでしょうか!

 

この記事は私が書きました

しょうさん

しょうさん

レンタカー事業部

主に広告をメインに作っています。
人一倍人見知りですが人一倍なれなれしく人懐っこいです。趣味はインターネット、オーディオ、楽器演奏です。
しょうさんの記事一覧はこちら

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!