近所でも評判さぁぁぁん♪

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

こんちわ!S.Mです。

中長期専門のスマイルレンタカーですが、最近新たにプランを作りました。

詳しくはHPにて発表させていただきます。こうご期待!

 

さて、自転車のパーツを総入れ替えしたので土曜日に少し長めに走ってきました!

? アプリキャプチャ

約45km走ってみました!

ロングライド!とまでは行きませんがいい距離でした。

次の休日は100km目指して走ってみたいと思います!

そこで、ロングライドをするにあたっての僕なりの注意事項を書き綴ってみたいと思います。

個人的な意見なので鵜呑みにしないでください。(笑)

 

注意事項その1【準備を怠らない】

?免許証やクレジットカードは必ず持つ!

長い距離を走るにあたって、忘れてはいけないのは万が一に備えることです。

通勤通学でも同じことが言えますが、いくら自分が運転に気を付けていても何かの拍子にハンドルを取られてしまったり、具合が悪くなって倒れてしまう等あらゆる場合を想定して僕は免許証・保険証・クレジットカード・キャッシュカードを持って自転車に乗ります。

万が一の事故の場合の身元確認や、自転車の故障により遠い地で帰宅できなくなる場合を想定して、キャッシュカードも持ち歩いています。

サイクルジャージを着ていれば背中のポケットにすっと入れられるのでそこまで邪魔にもならないので面倒とは言わず、万が一に備えましょう!

 

注意事項その2【パンク・トラブルに備える】

?トラブルに備えてパンクキットは必須!

 

拾い物ですが、僕が持ち歩いているツールボトルの中身とほぼ一緒です。

 

パンク程度であれば、ロードバイクはタイヤがワンタッチで外れるのでどこでも修理が出来ます。 中身は、タイヤのチューブ・タイヤレバー・パンク修理パッチ・工具セット等が入っています。

 

これさえあれば急にボルトが緩んでしまったり、落車してハンドルが曲がってしまっても、パンクしてしまってもほとんどその場でしゅうりが出来ます。

 

もっと荷物を持っている人だとシフトorブレーキワイヤー・チェーンカッターも持ち歩いていますね。

 

あとついでに空気入れも忘れずに持って行ってください!

空気入れが無いとパンクしても空気が入れられませんので(笑)

自分でシュコシュコ手でやるものからボンベで自動的にシュー!って空気が入るものまでありますのでお好みで。

 

注意事項その3【水分補給、カロリー補給】

 

長距離を走るロングライドは相当のカロリーと水分を使います。

先日の45kmを走っただけで僕は飲み物を2Lほど消費しました(笑)

 

相当日差しの強い中走ったことも要因ではありますが、かなりの汗をかきます。

油断をしているとあっという間に熱中症やらなんやらでアウトです。

 

また、途中でカロリーを消費した分、補給をしないとハンガーノック (低血糖状態)になってしまいます。

 

その中で僕が休憩中に食べたものは

 

羊羹とスポーツドリンク。

 

とんでもない組み合わせですが羊羹が1本160kcalでとてもいい感じのカロリー摂取になります。

 

良く見る光景がアンパンを食べながらカフェオレを飲んでいる方がいますが、あれが最強らしいです。

糖分を取りつつ炭水化物でゆっくりと体に吸収していくのがベスト!らしいです。

 

?疲れたときの羊羹は最高!

 

よくコンビニで売っているこの羊羹。誰が食べるんだ?と昔は思っていましたが、今では背中のポケットに入れています。疲れているときに食べるとおいしいんですよね。

 

それ以外だと自転車屋さんとかスポーツ用品店なんかに補給食のコーナーがあって、効率よくカロリーを補給できるゼリーなんかもたくさん売ってます。

 

注意事項その4【保険に入ろう】

 

最後です。

 

その気になれば自転車でも相当なスピードが出ます。

車道だからと言って安心しきっていると夜間なんかは車の通りが少ない分、歩行者も気が緩みがち。

信号無視して横断していたり、自転車が来たわ。くらいにしか思ってなくて横断を始める人もいます。

そこで歩行者とぶつかってしまえばこっちもけがをするし相手もけがをしてしまいます。

そんな時に自転車の保険に入っていれば、相手のけがの補償も問題なく出来ます。

僕が入っているのは年間で7千円くらいの料金で補償をしてくれるので、ひと月600円くらいと考えれば安いものです。

自転車保険一覧

 

何かあってからでは遅いです。保険、入りましょう。

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!