【新東名で3時間半】歴史たっぷりの愛知県を堪能する。

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

ふ?????ぅ。

麗しのS.Mです、こんにちわ。

名古屋生まれの都会っ子純情な僕は

毎年の夏休みを利用して愛知県に帰省しています。

愛知県までは東京ICから新東名で3時間半?4時間程度で着くので

ちょうど良い距離で旅行気分を味わえる場所です。

それに観光スポットも多いので、今回は

【愛知県】にスポットを当てて写真と共に紹介をさせて頂きます。

 

 

「豊川稲荷」

実家が愛知県豊川市にあり、JR飯田線豊川駅から徒歩で3分の好立地

豊川稲荷のご紹介です。

そびえたつおいなり

 

豊川稲荷はその名前から、キツネを祀っている神社だと想像しそうですが

お寺です。

正式な名称は豊川閣妙厳寺と言うそうで豊川荼枳尼真天(とよかわだきにしんてん)を稲荷神としているそうです。

豊川荼枳尼真天は災難を除く、福徳智恵を賜り苦を吹いて楽なし悲しみを転じて喜びとなす

そして願い事が成就するととても市民にとって愛されるお稲荷さんです。

※稲荷神であったり宗派だったりそのあたりの知識がほぼゼロなので転用して説明しています。もっと勉強します;

以下写真

遠くを見つめるフォックス

 

 

 

IMG_3469

 

せんこう

ちょうちん

 

また、豊川稲荷は別名「商売の神様」とも知られ

参道には「千本のぼり」と言われるのぼりが大量に立てられています。

のぼりすげぇ

 

こんなのはまだまだ序の口でぶわ?????ってあります。

風が吹いたらばたばたばた?????って。

 

のぼりすげぇ2

 

そして有名な「霊弧塚」ざっと1000体以上の狐の石像が安置されています。

きつねぶわ?

 

また、豊川稲荷の向かいには豊川稲荷界隈商店街があり

昔ながらの商店街が立ち並んでいます。

トラックじゃまやねん

 

ひとんちやないかい

かんばんふる

いなりっぺ

↑にぎりっ屁みたいに言うな。

残念ながら食べませんでしたが突っ込みどころ満載なので撮りました。

?豊川稲荷には大駐車場があり1日500円で停められるので

入場料だと思えばとっても安く車で行けるのでお勧めです!

他の愛知県の魅力についてはまた、ご紹介させて頂きます!

 

 

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!