バイク乗り必見!ミリタリージャケット:AVIREX B-3

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

 こんにちは、レンタカー事業部のN・Kです。

前回のブログの時よりも、更に朝晩の気温がグンと下がり、もう秋と言ってもいいでしょう。

私は、一年の中で春と秋が一番好きですね。

皆さんはどの季節が好きですか?

さて、私はこれからの季節、バイクに乗るにあたり数年振りに

ミリタリージャケットを引っ張り出しました。

『AVIREX B-3』です。

まだ、着るには少し早いですが、たまには着てあげないと可哀想なので。

 自分の世代では、早い友達では中学生時代に着ていた者もいましたね。

羨ましい限りでした。

自分は流石に、中学生時代はALPHAのL-2BやN-3Bどまりでしたね。

良く、チャリンコで新宿や原宿、高円寺に行ったものです。

『AVIREX』

1937年フライト・ジャケットミリタリーの代表的ブランド

U.S.ARMY AIRFORCEのコンストラクター(製造業者)として発足。

ジェフ・クライマンはアヴィレックスの前身であるエアロ・レザー社を設立。

当時からパイロットが身につける軍製品には、全てにおいて詳細な規格が設けられていました。

皮をなめす方法からディティールライン、ラベルまで細かい軍規定を受け

これを満たしたものだけが納品を許されました。

アヴィレックスはこれらをクリアし、パイロットたちの第二の皮膚とも例えられる

ウェアを次々と開発し、膨大な数の製品を納品してきました。

1975年フライトジャケットは街着として脚光を浴びるようになります。

無駄のない機能的なデザイン、良質な素材、ノスタルジックな味わいに

多くの人々がが魅了されました。

これを機に一般市場に製品の供給を始め、「アヴィレックス社」が誕生。

(「AVIREX」に社名変更)

「AVIREX」とは「AVIATOR(飛行機乗り)」と「REX(ラテン語で王様)」空の王様

という意味が込められた造語です。

AVIREX B-3 フロント

 

AVIREX B-3 バック

 

AVIREX B-3首元

 

AVIREX B-3 タグ

 

AVIREX B-3 タグ

 

AVIREX B-3 タグ

久々なので着るのが楽しみです。

早く寒くならないかな〜(笑

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!