長野の名産?虫を食べてみようのコーナー

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

スマイルは先月から新入社員を迎え、より一層フレッシュなメンバーとなりました!

 

その新入社員のうちの一人は、ひそかにバトルを繰り広げている北信出身のTKさんと、南信出身の私とのちょうど中間に位置する 中信出身のSHさんです!!

 

そして3人の席が隣どおしなのでたまに長野県トークで盛り上がります。
怖い先輩のTKさんは南信に新幹線や特急が走っていないことを鼻で笑ってきます。

 

気が弱くて優しい後輩の私は何も言い返せずにいますが、リニアが通ることが決定した南信…。
いつかTKさんをギャフン!と言わせようと思っています。

 

日本の真ん中にある長野県。
自然豊かで私はとっても好きなんですが、悲しいことと言えばこれといった名産が無いこと!
りんごやキャベツやおやきはありますが・・・お隣の愛知県みたいに、味噌カツとか、手羽先とか、エビフライとか…羨ましいな?って思います。

 

さて、前々からそんな長野県を社内の恐ろしい先輩たちにばかにされるネタといえば 「虫を食べること」です。
実際、小さい頃はたしかに食べたな?《イナゴ》とか《はちのこ》とか!
おばあちゃんの家にはいつもイナゴの佃煮がありました。
でも年齢があがるにつれて、そんな虫の佃煮たちと触れ合う機会は減っていたのです。。

 

 

と!こ!ろ!が!

 

 

今日会社のごはんスペースにいくと・・・いたんです・・・彼らが・・・・・

 

 

 

※グロ注意※

 

 

 

いなごの佃煮

 

 

こんなハイセンスなお土産を買ってきてくれたのは、先週里帰りしていたTKさんでした。
久々に見たイナゴの佃煮に若干興奮。。 何年かぶりに、いただいてみました。

 

 

 

いなご一匹

 

 

味はやっぱり昔と変わりませんでした。懐かしい味です。
虫だと思わなければ普通の佃煮と変わりません!

 

ちなみに社内にいた何人かの人にも食べてもらいましたが、皆「おいしいおいしい」とむさぼって食べていました。
見た目はちょっとあれですが、イナゴは一番虫っぽくなくておすすめです!
長野県で見つけた際にはあなたもぜひ味わってみてください!!

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!