苦いだけじゃないゴーヤの魅力

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

みなさんこんにちわ!
事務のSHです。

梅雨に入りもうすぐ夏がやってきますね。

夏といえば食べたくなるゴーヤ。
最近毎日ゴーヤを食べたくて仕方ないです。
小さい頃は苦くて食べれなかったゴーヤですか、
今では一夏に10本以上は消費するくらい大好物になりました。笑

そんなゴーヤですが、季節にならないと高いのですか、
行きつけのスーパーで安くなってきたので、ついにゴーヤを買いました!!

 

ゴーヤの魅力

ゴーヤには栄養がたくさん詰まってるんですよ?!
ゴーヤについて詳しく説明します!

ゴーヤは栄養満点

ゴーヤは正式名称ツルレイシと言います。
沖縄本島の人たちは「ゴーヤー」と呼ぶのが一般的で、沖縄料理ブームの影響もあり、
全国的には「ゴーヤー」「ゴーヤ」と呼ばれています。
また果肉が苦いため「ニガウリ」とも呼ばれています。

ゴーヤのビタミンCは野菜一と言われています。
加熱に強いという特性を持っています。
なのでゴーヤチャンプルーにしても大丈夫!

また果皮中心に

ビタミンC、ビタミンB1、B2、葉酸、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維

が豊富です。


さらに、ゴーヤの苦味には血糖値を下げたり、コレステロールを低減させる働きがあります。

 

女性に嬉しい栄養たっぷり

 

ここまででも、栄養たくさんなのがわかりますが、
女性にも嬉しい栄養がまだ入ってるんですよ!

ゴーヤに含まれるビタミンCは

美肌美白効果以外にもコラーゲンを生成してお肌にハリを持たせる働きを担っています!

このほか、むくみに効くカリウムや、肌のキメを整えるカルシウム、

アンチエイジングに効果のあるβ-カロテンも含まれています。

さらに食物繊維も多く含まれているため、余分な脂質の吸収を防いだり、

お腹の中で膨らんで満腹感を得やすくしたりする効果もあります。


ゴーヤって本当にすごいんです。
こんなに身体にいいならたくさん食べなきゃ損ですよね!

ということで、
ゴーヤのオススメ料理を2品紹介します。

 

ゴーヤチャンプル

まずはやっぱり定番のゴーヤチャンプルです。
野菜も取れて栄養ばっちり!!

ゴーヤーチャンプルー

 

 

 

ゴーヤとツナのサラダ

もう一つはゴーヤとツナのサラダ
マヨネーズで和えてるので苦味が少しマイルドになります!
冷やして食べるとおいしいですよ!

 

ゴーヤとツナのサラダ


今年の夏はゴーヤをたくさん食べて暑い夏を乗り越えましょう!!

 

 

この記事は私が書きました

sh

S.H

総務部

2014年に入社したフレッシュレディS.Hです。お休みの日は自家栽培したハーブを使って特製ピッツァを焼いてます♪まだ一緒に食べてくれる殿方がいないので、いつも笑点を観ながら一人寂しく食べてます…あぁ、早くボジョレーヌーボーの季節にならないかなぁ☆(すべて妄想)
S.Hの記事一覧はこちら

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!