長野で発見 生でもおいしいとうもろこし

カテゴリ:blog タグ:
Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

茹でなくても、生でとっても甘いフルーツのような
おいしいトウモロコシを発見しました。

ここは長野県北部、信濃町の柏原地区というところです。
マンモスのようなナウマンゾウで有名な野尻湖という湖が有ります。
ここは、かの有名な俳人小林一茶の生誕の地で
一茶の生家が今も残っていて、観光地となっています。

国道から5分くらい入ったところにあるこの柏原地区は
地元ではとうもろこしがおいしいことで知られているようです。

とうもろこし畑があちらこちらにあります。

長野県北部信濃町柏原地区のとうもろこし畑

道沿いのお店では採れたてのトウモロコシやトマトなどが
売られていて、焼きトウモロコシのいい香りに誘われて
人々が集まります。

とうもろこし直売所


ここのトウモロコシ生で食べられます。
とっても甘くジューシーです。
まさにフルーツのようでとっても美味しかったです。

販売されているとうもろこし

 

とうもろこし

おじさんがせっせと収穫して店頭に並べます。
便利なマシーンがあるのですね。


とうもろこし収穫マシーン


とうもろこしのおばちゃん

息子と娘と私の3人で1本のトウモロコシを交互にかじりついていたところ
「親子仲良く、楽しそうに食べてんねえ」とお店のおばあちゃん。
田舎のおばあちゃんの口調は本当に癒されます。

 

この記事は私が書きました

tk

T.K

レンタカー事業部

私がスマイルレンタカーの首領です。旅行が好きで今までいろいろな国へ旅をしてきました。やっぱりアジアは最高ですね!レンタカーでも旅行でも、お悩みがあればなんでもご相談ください!
T.Kの記事一覧はこちら

Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on Facebook0

★この記事を書いた人はこんな記事も書いているよ!